用語集(あ〜お)

>> 戻る

ワード 説明文
アースシューズ かかと部分が低く、下に下げられてアキレス腱を伸ばす形で履くのが特徴。健康に 良いとされ、70年代にヒットした。
アーチ 足の裏の土踏まずのわん曲している部分。
アーチサポート  
アイレット シュー・レース(靴紐)を通す穴に取り付けられている金属・プラスチック製の飾りのこと。鳩目ともいう。単に靴紐を通す穴を指すこともある。鳩目は少ないほどドレッシーとされる。
アイロントウ つま先がアイロンの先のように尖っているトウデザインのことをいう。ロック少年が 好んで履くデザイン。
アウトサイド・クオーター ヒール部を補強する革のこと。靴のデザインも兼ねている。真一文字盛り上がった補強になっているものをスキー・モックという。
アウトソール 靴の外側のソール。すなわち地面に接する靴底部分でレザー、ラバーのものがある。本底、表底ともいう。
アスレチックシューズ スポーツ用の靴。英語ではスニーカーよりもこの言葉が主に使われる。
アッパー 靴の甲部分の呼び名。
アドバン 革の仕上げ方のひとつ。色のムラをわざと出して透明仕上げをしたもの。クラシックな 雰囲気になり、トラッドの靴などに使われる。
アニリン仕上げ 合成染料のアニリン染料で仕上げた革のこと。ぎん面(*)の模様を効果的に浮き出させた 透明仕上げとなる。主にカーフ(*)、キップ(*)などの仕上げに行われる。
アメリカ・サイズ  
アルバート・ブーツ  
アンクル・ストラップシューズ  
アンクルブーツ くるぶしまでの深さのブーツの総称。デザインはいろいろある。チャッカーブーツ(*)、デザートブーツ、 デミブーツ(*) などある。
アンティーク仕上げ  
イギリス・サイズ  
イタリアンな靴 主にメンズシューズに使う俗語。「ラテンな靴」ともいう。ラスト(木型)が細く、色使いも2色以上などカラフルなものが 多い。切り替えデザインが多く、メンズでの「水っぽい靴」の代表。どういうわけか関西で好まれている。
イブニング・シューズ  
インジェクションモールド・システム  
インステップ 足の骨のくさび骨の部分(甲の盛り上がっているところ)、または靴のこの部分にあたるところ。
インソール 靴の内側のソール。すなわち中敷き。
インナーソール インソールと同義
ウィズ 一般的に足の幅のこと。足幅(そくふく)。親指と小指の付け根(ボールジョイント部*) の長さ。
ウィングチップ W型のつま先飾りがあるものその形からこう呼ばれる。(英国では内羽根式のものをフル・ブローグと呼び、外羽根式のものはダービー・フルブローグと呼ぶ)16世紀から17世紀、アイルランドやスコットランドの高地で 履かれていた編み上げ靴に由来する。 ウィングは単なる飾りではなく、通気性や水切りをよくするといった目的があり、ギザギザのカットのことをブローギングという。
ウイングチップ デザインのひとつで、W字型の穴飾りのあるデザイン、靴を指す。トラッドデザインの代表格。 「おかめ飾り」ともいう。
ウエスタンブーツ アメリカ西部で開拓時代から履かれているブーツ。つま先は尖っていて、ヒールはがっちりした ヒールがついている。つま先は馬のあぶみにかけやすいように尖り、ヒールは馬を引っ張るのにふんばりやすくと、 各部は機能的に考えられて作られている。ブランドのトニーラマが有名。
ウエスト  
ウエッジ 靴底のデザイン。船底型、上底型と呼ばれるくさび型の靴底をいう。レディスシューズで多く見られる。
ウエッジ・ソール  
ウエリントン・ブーツ  
ウェルト ウェルト製法で、アッパーとアウト・ソールを縫いあわせる時に使う中間の部品。
ウエルト・シューズ  
ウォーキングシューズ 歩く時の機能性を重視した靴。
ウレタンソール ポリウレタン製でソールが軽く、ゴムの合成靴に比べて約10倍の耐摩擦性がある。耐油性、復元性 も持っている。しかし約10年を経るといきなり割れるという性質も持っている。
エアソール エアクッションソールのこと。中に空気層を内蔵して、足への衝撃をやわらげる底材。 イギリスのドクターマーチン社が開発した。半透明のゴムのような底材と何本かの横線が 刻まれているのが特徴。
エスパドリーユ ジュート底とアッパーに布地を使った「わらじ風」の靴のこと。 南フランスとスペインの海岸地方で履かれていた。夏に人気の出る靴のひとつ。 「エスパ」と略す。
エナメル ぎん面に油脂や合成樹脂を塗って光沢を出した革のこと。「パテントレザー」 ともいう。
エルク  
エンジニアブーツ 足首部分と履き口部分にストラップがついているハードなブーツ。
エンボス・レザー  
エンボス加工  
オイルなめし  
オイルレザー 「オイル調」などの表現でも使われる。正式にはオイルタンド・レザー。油脂加工をした 防水性のあるなめし革のこと。アウトドア靴、登山靴などのアッパー素材に使われる。
オーストリッチ ダチョウの革のこと。軽くて丈夫な革で羽根を抜いたあとが丸く盛り上がって、 独特の模様になっているのが特徴。
オーソぺディック・シューズ  
オーナメント 皮底の飾りのこと
オーバーシューズ  
オーバレイ・プラッグ・シューズ Uチップの総称
オープン・トウ  
おかめ飾り  
オックスフォード 甲をシュー・レース(靴紐)で編み上げるいわゆるひも靴で、くるぶしより下の短靴の総称。
オックスフォードシューズ 靴のスタイルのひとつで、3〜6対のアイレット(*)付きのヒモでしめる短靴の総称。 普通は「オックスフォードタイプ」、「オックスフォード型」のように使われる。
オデコ、オデコ靴 トウ部分が盛り上がっている靴をいう。
オブリックトウ 靴型やトウの型押しのひとつで、足型に外側に斜めにカットされたものをいう。 オブリックとは「斜め」という意味。
オペラパンプス パーティの際、タキシードとあわせて着用するリボン付きの特別なエナメル素材のスリッポン
安全靴 本来は工事作業用の靴。トウ部にスチールキャップを入れて、落下物から足を保護する役目がある。ファッション としても履かれている。
一文字飾り  
一枚甲  
羽根革 紐靴を通す部分の羽根状の革のこと。
英国ではストレート・トゥ・キャップと呼ばれる。  
塩蔵  
穴飾り  
厚パン  
内羽根  
内羽根式  
馬革  
編み上げ  
裏はとめ  
裏革  

>> 戻る

2011年05月10日09:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。