用語集(さ〜そ)

>> 戻る 

ワード 説明文
サイド・シーム  
サイド・レザー  
サイドゴア 靴の両サイドにゴア素材を使った靴。主にブーツに使い、サイドゴアブーツと呼ばれている。
サドルシューズ コンビ靴の一種。甲にサドル(馬の鞍)をつけたように、色または材質の異なる革をまたがらせた靴をいう。 トラッドシューズのひとつ。
サボ 木靴の一種。木をくりぬいて作った靴。日本語の「サボる」のサボタージュ(怠る)の源はこのサボから。 サボの製造労働者が機械をサボで壊してストライキを起こしたことからきている。
シープスキン 羊の革。薄く柔らかでブーツや裏革に使われることが多い。「ムートンブーツ」(シープスキンブーツともいう) は毛を刈っていない革が使われている。
しぼ なめした後で革を揉んで、ぎん面にブツブツと出来る模様のこと。
ジャガード 紋織り(模様の出る織り方)が出来るジャガード機で織ったもの。
シャネルパンプ、シャネル風 フランスの有名ブランド、シャネルが出したデザイン。つま先を一直線に切り替え、色を変えたパンプスをいう。 本来のシャネルパンプはつま先部分が黒。
シャンク 土踏まず部分のこと。靴が体重で歪まないように中底に挿入されるスチールのことを指すこともある。このスチールは歩行時の足の返しをよくする役目も果たす。
シュー・キーパー 靴の形や外観を保持するために用いられる。木、金属、プラスチックなどで靴型に似せた形に作られている。
シュー・ツリー プラスチック製と木製のものがある。靴の湿気を取り、型崩れを防ぐ事が目的なので木製のものがおすすめ。使用している木の種類によって防虫・防菌効果があるものもある。
シュー・ホーン いわゆる靴べらのこと。
シュー・レース 靴紐のことで、シュー・ストリングとも言う。
ジュート(巻き) 麻ノ一種の黄麻ノこと。エスパドリーユ(*)などのようにソール素材に使うとジュート巻きといわれる。
シューフィッター 足と靴に詳しく、健康第一で、足に最適な靴を薦める人。日本靴総合研究会が1985年に、靴小売商連盟が 1987年に制度をスタートした。
シューホーン  
シュリンク 薬品でぎん面を収縮させ、そのシボを特徴にした革。
シュリンク・レザー  
ジョドパー 乗馬用のブーツで、くるぶし丈〜ひざ丈と範囲は広い。一般的にはくるぶしあたりにベルトのついたものを指す 場合が多い。
シルキー 「絹のような」手触りから、ヌバック(*)などのキメの細かい起毛素材のことをいう場合が多い。俗語で 正確な意味はない。
スエード クロムなめしによるぎん付き革の裏面を、サンドペーパーで細かく起毛しケバ立たせたもの。
スクウェアトゥ つま先が角形になっているもの。
スタックドヒール 通常はスタックヒールといっている。本来は何枚も積み上げたヒールのこと。最近ではプラスチックのものに積み上げた 模様をつけたものが多くなっている。
ステア 生後3ヶ月〜6ヶ月の間に去勢した満2歳以上のオスの牛の皮。
ステッチ 縫い目のこと。縫い目をつける以外にデザイン的に使われる場合も多い。
ステッチダウン式製法 アッパーのつりしろ部分を外側に向かってつり込み、これと本底とを直接縫い付けるもの。
ストーム ソールとアッパーの間に10〜20ミリくらいの厚みをいれる処理のこと。ヒールものからカジュアルものまで幅広く応用される。
ストーム・ウェルト L字に折り曲げられて付けられるウェルト。
ストラップ 靴の外側の側面部分のこと。
ストレート・チップ 1920年代に広まったバルモラルの一文字飾りの靴で、 メダリオンが無く黒色のものが最もフォーマルとされる。最近では、ブルーチャーのものも多く、よりカジュアルに履くこともできる。
ストレート・トゥ・キャップ ストレート・チップの英国での呼び方。
ストレートチップ オックスフォード型のヒモ靴のつま先に横一文字の切り替えが入っているタイプ。英国的でクラシック な雰囲気を持っている。
ストレッチブーツ 伸縮性のある合成皮革やゴム素材を使ったブーツ。レースやジッパーがいらずに足にぴったりと履くことができる。
スネーク・スキン トゥデザインの一つで、縦に二本の切り替えが入る。流れモカとも言う。
スパッツ  
スペリーソール デッキシューズのソールによく用いられる。ヨットの甲板で滑らないように、ゴムのソールに細かい 波形の切れ目が入っている。ブランドのスペリートップサイダーで有名。
スムース 表革の総称。起毛(*)に対応する表現。最も一般的でややツヤ感がある革のことをいう。ただし表革でも 型押し(*)加工など、表面に模様加工されたものはスムースとは言わない。
スリッポン 紐や金属止めのない、足を滑らせて着脱するタイプの靴。正式には「Slip-On」。ローファーなどがこれにあたる。
スリングバッグ 後部で吊るという意味で、かかと部がベルトになった婦人靴。バックバンド、バックベルトと同意。
スワールモカ  
セーム革  
セットバックヒール 重心位置が、やや後方にずれているような形状をしたヒール。
セパレーツ アッパーの中央部分が切りかかれ、前部と後部に分かれたデザインのパンプ。
セミパンプ つま先が開いたオープントウや後ろの開いたオープンバックのパンプスのこと。両方開いたらサンダルになる。
セミブロークス ウィングチップではないが、ブローギングが施されているタイプの靴。
セメンテッド 糸で縫わず、接着剤で底付けをする製法。簡単でコストも安く、靴の9割以上がこの製法。単にセメントとも言う。
セメンテッド式製法 靴の底付け法のひとつ。アッパーと底材を縫い付けるのではなく、接着剤で付ける方法。簡単でコスト も安く量産向きで、現在の靴の9割以上がこの製法である。
センターシーム つま先から甲中央に縦の縫い割りをしたその縫い目、又はその靴。クラークスのデザートトレックが代表的。
ソール 靴底部分全体(イン・ソール、アウト・ソール、ミッド・ソール)の総称。多くは靴底(アウト・ソール)のことを指す。
捨て寸 靴の中で足が前方に動いても、つま先が当たらないように付け加えた余裕部分をいう。「遊び」「逃げ寸」ともいう。
渋なめし  
植物なめし  
製甲  
舌革  
先芯  
足囲(そくい) 足の親指と小指の付け根部分を取り巻く長さ。靴合わせは甲の高さも考慮に入れるので、足幅(*)だけでなく、 この足囲の長さも重要である。
足長(そくちょう) かかとから最も長い足指の先端までの長さ。親指が長い人や人差し指が長い人など人によって測るところが違う。

>> 戻る

2011年05月08日11:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。