用語集(た〜と)

>> 戻る 

ワード 説明文
ダーティバックス  
ダービー ブルーチャーの英名。
タウンシューズ 街着にコーディネートする靴の総称。カジュアルシューズとほぼ同じ意味であるが、人によって解釈が違う場合も あり、タウンビジネスやタウンパンプスといった表現もある。タウンビジネスやタウンパンプスはブランド品以外の 価格の手頃なもの、低寸のパンプスなどを指す。
タッセル バンプ部分についた飾りのこと。
ダブル・ソール ソールの底材を2枚使用した厚みのあるソール。
タン 舌革のこと。ヒモ靴で甲の下にある革(スニーカーの場合は革ではない場合もある)を指す。トップライン(*)から 出ている部分は通称「ベロ」と呼んでいる。
タンクソール ソールの模様が戦車(タンク)のキャタピラーをイメージさせるため、こう言われている。ゴツい ソールの総称としても使われる。「ラグソール」、「ビブラムソール」参照。
タンニンなめし 植物なめしのこと。木などの「渋」でなめす方法。革の靴底など硬い革に仕上げる場合のやり方。
チェーンステッチ  
チェーントレッドソール 鎖模様のゴム底のこと。LLビーンのメーンハンティングシューズ(*)の靴底がこれ。
チェスナット  
チェルシー・ブーツ  
チップ トウ・キャップともいう。つま先に付けられる飾り片。ここにメダリオン(*)などの飾りをしたりする。 ウイングチップ(*)、ストレートチップ(*)のこと。
チャッカーブーツ 2〜3のハトメのついたブラッチャー(*)型のアンクルブーツ。主にスムース(*)の場合を チャッカーブーツ、起毛の場合をデザートブーツ(*)と呼び分けているのが現状である。
チャンネル  
チュールメッシュ ナイロンやポリエステルで網目状に作られた素材で、通気性がよい。靴では夏のアッパー(*) 素材としてよく使われる。
チロリアンシューズ チロル地方の伝統的な登山靴。ワラビー(*)に似たデザインでモカシン(*)縫い を施している。アッパーの素材がスムース(*)でラグソール(*)というのがワラビー との相違点。
つり込み  
ティー・ストラップ  
ディーコン  
デザート・ブーツ チャッカーブーツ(*)と同じデザインだが、主に素材は起毛素材で底がクレープソール(*)のものを指す。 もともと砂漠の(デザート)で履くために作られたもので、靴の中に砂が入らないように工夫されている。 クラークスのデザートブーツがその代表格。
デシ  
デッキシューズ ヨットなどの濡れたデッキ(甲板)で滑らないように考えられた靴。デッキシューズには大きく 分けて2パターンあり、キャンバス素材のものと水をはじくオイルレザーを使ったモカシンシューズ がある。いずれもスペリーソール(*)を使っている。キャンバスデッキのブランドでは スペリー・トップサイダーが有名。
デッキモカシン デッキシューズ(*)のオイルレザーのタイプを指す。あくまでも慣用語なので、最近では キャンプモカシン(ラグソール参照)のことをデッキモカシンと言っている人もいる。
デッドストック 死に筋、動かない在庫。廃版になり売れ残った商品(ジーンズやスニーカーなど)も デッドストックといい、今は一部の少年たちに希少価値からもてはやされている。本来なら あまり良い意味ではない。
デミブーツ 短靴よりもトップライン(*)が少し高い、くるぶし位置のブーツ。主にヒモを使っていない タイプをいう。
トゥ 靴のつま先部分のこと。形状によりラウンド・トゥ、チゼル・トゥ、スクゥエア・トゥ、足の形に沿って斜めにカットされたオブリック(Oblique)・トゥなどがある。
トウスプリング 靴、又は靴型のつま先が地面から上がった状態。これが無いと歩きづらい。
トップ・パッド  
トップライン 靴の履き口のこと。
トップリフト 靴の踵の地面に接する底面のことで、全てが皮でできたフルレザー・トップ、切れ込みが入ったキイドヒール、全体ラバーのフルトップ・ラバーなどがある。
ドレスブーツ スーツやワンピースに合わせられるドレッシーなシューズ、又はブーツ。本来は正装用。
トレッキング 軽登山のこと。アウトドアで歩くために必要な機能を重視したブーツ。大きく分けて オイルレザー(*)を使ったハードなタイプと、通気性を重視してナイロンやゴアテックス などの生地を使ったソフトなタイプに分けられる。
月型  
積上げヒール  
短靴  
爪先革  
爪先上がり  
定番品 常に販売されているベーシックな商品。流行に左右されず、決まった売れかたをする。 靴でいえば、ハルタのローファー(*)や黒いパンプスなど。

>> 戻る

2011年05月07日11:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。