用語集(は〜ほ)

>> 戻る   

ワード 説明文
バーガンディ 靴によく使われるブドウ色のことで、メーカによって赤茶やこげ茶のような色のものもある。
ハートサイズ  
ハーフブーツ トップラインがふくらはぎのあたりにあるブーツをいう。ウエスタンブーツ(*) などがこれに属する。
ハイ・ブーツ  
ハイカット トップラインがくるぶしよりも高いところにある靴。一時期レザースニーカー のバスケットタイプでハイカットのものが人気となった。ハイカットバスケと呼ば れている。
ハイヒール 婦人靴のパンプスのヒールの高いもの。およそ6〜7センチ以上を指すことが多い。
はき口  
バックシール アッパーの踵部分の縫い目。
バックスキン 本来鹿の革の意味であるが、日本では革の種類に関係なく起毛した革を総称して こう呼ぶ。
バックル 尾錠(びじょう)のこと。金属、プラスチック製のベルトの留め具であるが、飾りと しての役目も多い。
パテントレザー  
ハトメ アイレットのこと。靴ひものひも穴のことと混同されているが、本来はハトメはそのひも穴に 取り付ける金属、プラスチックの環のことを指す。
バフ  
バルカナイズ式製法  
バルモラル 靴紐を通す羽が縫いつけられておりV字に開いているのが特徴の靴で、内羽根式ともいう。英国ビクトリア女王夫君アルバート公が1853年に考案したとされている。
パン 靴底に厚みを持たせるため、中底(*)本底の間にコルクや木、合成物を差し込んだ 部分をいう。厚いパンを入れた靴は「厚パン」と慣用的に言われている。他に「スト ーム」(*)という言い方もある。また、パンの側面を革で巻いた場合は「プラット フォーム」(*)という場合もある。
パンチド・キャップ・トゥ 土踏まず部分のこと。靴が体重で歪まないよう中底があるタイプの靴。
パンチング 靴のアッパーに細かい穴を開ける処理のことをいう。通気性が良くなることと、 デザイン面で効果がある。主に夏物に多い。
バンプ アッパーの前部のことをいう。俗に「バンプが長めの靴」などの表現に使う。飾りのないスリッポンをこう呼ぶこともある。
ハンマートウ 窮屈な靴を履き続けることによって起こる足の病気。指が靴の中で充分伸ばせない ため、凸型に指が曲がってしまい、靴を脱いでも元に戻らない症状。こうなると 指の上部にはタコ、指先には魚の目まで出来てしまい痛い。重傷になると指の脱臼 も引き起こす。ハンマートウには親指、小指以外の指がなりやすい。
ビーチ・サンダル  
ビーフロール ローファーのストラップの端をロール上に盛り上げて取り付けたもの。
ヒール 靴の踵部分のこと。
ヒール・カーブの穴 製靴の課程で木型を仮止めした際できる踵上部に開いている穴のこと。靴の不具合ではない。
ヒール・リフト  
ヒールカーブ 足、靴、又は靴型のカカト部のカーブ。欧米人はカーブがきつく、日本人はカーブがゆるい。
ヒール巻き ヒールのトップリフト(*)以外の本体部分を巻く、革や合成シートのこと。歩いている 時に引っかけて、よく破ってしまう。
ビスポーク いわゆるオーダーメイドのこと。ス・ミズーラともいう。
ピッグスキン 豚革のことで強くて耐久性に富んでいる。表面には3つの毛穴の跡が3角形状に残っている のが特徴。甲革の他、裏革(*)、中底(*)カウンター(*)などに使われる。
ビットローファー、ビットモカシン イタリアのブランド、グッチが最初にデザインしたローファーで、ビット(飾り金具) が甲についたスリッポンのこと。トラッド色の強いローファータイプとベロアを使った モカシンの2タイプある。
ヒドゥン・チャネル 製靴の仕上げ課程で縫い糸が表面に出ないようにする。
ビブラム・ソール  
ピンキング ローファーのベロにあるギザギザの飾り。
ピンヒール ヒールの形状のひとつ。高寸でヒールの先が細くなっているものをいう。
ファー 毛皮のこと。靴では主にアッパー(*)素材や甲飾りとしてフェイクファー(人工毛皮) が用いられる。
フィッティング 靴業界内では靴合わせのこと。足のサイズ、形、機能に正しく合致するように靴を合わせる 技術をいう。アパレルでは服の仮縫い、試着などをいう。
ブーツ トップライン(*)がくるぶしよりも上にくる靴の総称。
ブーツ・キーパー  
ブーツ・ジャック ウエスタン・ブーツ等のロング・ブーツを脱ぐ時に使用する道具。
ブーティ トップライン(*)がくるぶしあたりまでの短いブーツで、サイドゴア(*)のタイプやひも付き のものもある。
フットウエア 履物を総称した言葉。靴以外にも、靴下、古いがレッグウォーマーなどもこれに入る だろう。
フットベッド  
ふまず芯 土踏まずのこと。靴ではシャンク(*)を指す。
ブラッシュド・レザー  
ブラッチャー ひも編み部がつま先部上までかかっているタイプをいう。履いた時に甲のゆとりを たっぷりとることができる。「外羽根式」ともいう。これに対するバルモラル(*内羽根式) はひもによる甲の調節が限られる。
プラットシューズ  
フラットヒール カリフォルニア式製法(*)で作られた靴のこと。
ブラントトウ 角をとった丸みのあるスクエアトウ。
フリンジ 飾りのひとつで房飾りのこと。主にレディスのカジュアルシューズやブーツなどにつけられ、 ロマンチック風やフォークロア調などの匂いを出すときに用いられる。
ブル・ストラップ ロング・ブーツの履き口のサイドもしくは後部についた指を引っかける部分のことで、ブーツの脱着に利用する。プルタブとも呼ばれる。
ブル・ハイド  
フル・ブローグス ウィング・チップの総称。
ブルーチャ/ブラッチャー 靴紐を通す羽根が外側に出ているのが特徴の靴で、外羽根式ともいう。1810年米国ブリュッヘル将軍が羽を広げやすく脱着が簡単なため群靴として考案。英国ではダービーと呼ばれる。
フルグレイン・アッパー・レザー  
フレアヒール ヒールの形状のひとつ。下に向かうにしたがって太くなっているヒールの総称。 ルイヒール(*)もこの中に属するヒールといえる。
プレーントゥ 飾りが一切ないもの。主にメンズのトラッドシューズの短靴(*)で、つま先飾り のないひも靴を指す。
フレンチ・サイズ  
フレンチヒール ヒールの種類の一種で、ルイヒール(*)に似ているが、あまり高くないものをいう。
ブローギング ウィング・チップのウィングにあるギザギザのカットのこと。
ブローグ ウイングチップ(*)の正式名。穴飾り、ギザ飾りなどを施した豪華なオックスフォード (*)シューズを指す。
ペコスブーツ 赤茶、またはサンドベージュが基本のハーフ丈ブーツ。レッドウイング社の商標が 一般名詞化した。ペコスとはアメリカ・テキサス州にある川の名前。その河畔の肥沃な 土地で農民が履いていた作業用の靴にレッドウイング社が目をつけ、商品化したものがはじまり。
ヘップ ヘップサンダル、近所履きのつっかけ。オードリーヘップバーンが映画で履いたことから日本で名づけられたとされる。ミュールと呼ぶことが多い。
ペニーローファー  
ベビー・ドール・シューズ  
ベルクロ 面ファスナーの商品名。日本でマジックテープとして販売され、その方が知られている。
ベロ 踵の甲部、アイレットの下にある舌上の泥よけのこと。舌革、タンともいう。
ベロア 牛革の裏面を起毛させた革で、毛足がスエード(*)より長く、目が粗いもの。
ペンシル・トウ  
ベンチメイド 一人の職人が製靴の最初から最後までの工程を受け持つこと。
ベンハー サンダルの一種で、ベタサンダルに鼻緒がついたものだが、古代ローマ風の雰囲気の あるものをいう。古代ローマ時代を描いて大ヒットしたスペクタクル映画「ベンハー」 からつけられた。
ヘンプ 大麻の繊維。ロープ、帆布、帽子などに使われる。
ポインテッドトウ トウの形のひとつで、先端が細くなっているものをいう。
ボート・シューズ  
ポーリッシュ  
ボール  
ボールジョイント 足の親指と小指の付け根の突き出た部分。足のもっとも幅が広い部分で靴合わせ の時には無視できない個所である。親指の方を「インサイドボール」、小指の方を 「アウトサイドボール」という。
ボックス・カーフ  
ボロネーゼ製法  
ボンディング ウレタンを間に入れて熱で溶かすか接着剤で、表地と裏地を一体化したもの。
半敷
帆布
番手
美錠
表底
複式縫い
本染め革
履き口
扁平足
パンチングベルト
バレーパンプス
ビジュー
フラワーカット
ポインテット
低寸(ひくずん) ローヒールのこと。ヒールの高さが3センチくらいまでのものをいう。
細革  

>> 戻る

2011年05月05日11:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。