用語集(ら〜ろ)

>> 戻る   

ワード 説明文
ライディング・ブーツ  
ライニング 靴内側の裏張りのこと。内側全体を革で裏張りしたものをフルライイングという。一方、素材感を活かし裏張りをしない一枚革の靴もある。
ラウンドトウ トウの形のひとつで、先端が丸くなっているもの。
ラスト 靴型(木型)のことで、靴全体の形状を指すこともある。
ラバーソール  
ラムスキン  
リザード トカゲの一種。リザード風型押しも多い。
リブ  
リングブーツ アンクル部分にリナグ金具とベルトを付けているハーフ丈ブーツ。ショート丈の場合は 「ショートリング」と呼ぶこともある。
ルイヒール ヒールの種類のひとつ。優雅な曲線を描きながら、トップリフト(*)部分が広がっている ヒールのこと。類語としてフレアヒールがある。
レースステイ オックスフォードなどにある紐通し用の羽根革。
レザー・メッシュ  
ローカット トップライン(*)がくるぶしより低いところにある靴。スニーカーに使われることが多い。 対語はハイカット(*)。「コンバース・オールスター・ロー」と省略する。
ローヒール 低寸と同じ。大体3センチ程度までのヒールものをいう。
ローファー もともとはなまけ者という意味。ひもがなく簡単に脱いだり履いたり出来るから。U字型 のモカシン縫いに、コインストラップと称する飾り革が甲についているのが特徴。20年代にロンドンで 流行、30年代アメリカに入り、日本にはアメリカの典型的カジュアルシューズとして50年代に上陸した。 「コインローファー」参照
ロック・ステッチ  
ラウンドパンプス
レースアップ レースアップとは「締め紐で編み上げた」という意味で、さまざまなアイテムのアクセントとして演出されるテクニック。
ローウェッジ  

>> 戻る

2011年05月02日11:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。