用語集

あ〜お

か〜こ

さ〜そ

た〜と

な〜の

は〜ほ

ま〜も

や〜よ

ら〜ろ

わ〜ん

2011年05月10日11:50

用語集(あ〜お)

>> 戻る

ワード 説明文
アースシューズ かかと部分が低く、下に下げられてアキレス腱を伸ばす形で履くのが特徴。健康に 良いとされ、70年代にヒットした。
アーチ 足の裏の土踏まずのわん曲している部分。
アーチサポート  
アイレット シュー・レース(靴紐)を通す穴に取り付けられている金属・プラスチック製の飾りのこと。鳩目ともいう。単に靴紐を通す穴を指すこともある。鳩目は少ないほどドレッシーとされる。
アイロントウ つま先がアイロンの先のように尖っているトウデザインのことをいう。ロック少年が 好んで履くデザイン。
アウトサイド・クオーター ヒール部を補強する革のこと。靴のデザインも兼ねている。真一文字盛り上がった補強になっているものをスキー・モックという。
アウトソール 靴の外側のソール。すなわち地面に接する靴底部分でレザー、ラバーのものがある。本底、表底ともいう。
アスレチックシューズ スポーツ用の靴。英語ではスニーカーよりもこの言葉が主に使われる。
アッパー 靴の甲部分の呼び名。
アドバン 革の仕上げ方のひとつ。色のムラをわざと出して透明仕上げをしたもの。クラシックな 雰囲気になり、トラッドの靴などに使われる。
アニリン仕上げ 合成染料のアニリン染料で仕上げた革のこと。ぎん面(*)の模様を効果的に浮き出させた 透明仕上げとなる。主にカーフ(*)、キップ(*)などの仕上げに行われる。
アメリカ・サイズ  
アルバート・ブーツ  
アンクル・ストラップシューズ  
アンクルブーツ くるぶしまでの深さのブーツの総称。デザインはいろいろある。チャッカーブーツ(*)、デザートブーツ、 デミブーツ(*) などある。
アンティーク仕上げ  
イギリス・サイズ  
イタリアンな靴 主にメンズシューズに使う俗語。「ラテンな靴」ともいう。ラスト(木型)が細く、色使いも2色以上などカラフルなものが 多い。切り替えデザインが多く、メンズでの「水っぽい靴」の代表。どういうわけか関西で好まれている。
イブニング・シューズ  
インジェクションモールド・システム  
インステップ 足の骨のくさび骨の部分(甲の盛り上がっているところ)、または靴のこの部分にあたるところ。
インソール 靴の内側のソール。すなわち中敷き。
インナーソール インソールと同義
ウィズ 一般的に足の幅のこと。足幅(そくふく)。親指と小指の付け根(ボールジョイント部*) の長さ。
ウィングチップ W型のつま先飾りがあるものその形からこう呼ばれる。(英国では内羽根式のものをフル・ブローグと呼び、外羽根式のものはダービー・フルブローグと呼ぶ)16世紀から17世紀、アイルランドやスコットランドの高地で 履かれていた編み上げ靴に由来する。 ウィングは単なる飾りではなく、通気性や水切りをよくするといった目的があり、ギザギザのカットのことをブローギングという。
ウイングチップ デザインのひとつで、W字型の穴飾りのあるデザイン、靴を指す。トラッドデザインの代表格。 「おかめ飾り」ともいう。
ウエスタンブーツ アメリカ西部で開拓時代から履かれているブーツ。つま先は尖っていて、ヒールはがっちりした ヒールがついている。つま先は馬のあぶみにかけやすいように尖り、ヒールは馬を引っ張るのにふんばりやすくと、 各部は機能的に考えられて作られている。ブランドのトニーラマが有名。
ウエスト  
ウエッジ 靴底のデザイン。船底型、上底型と呼ばれるくさび型の靴底をいう。レディスシューズで多く見られる。
ウエッジ・ソール  
ウエリントン・ブーツ  
ウェルト ウェルト製法で、アッパーとアウト・ソールを縫いあわせる時に使う中間の部品。
ウエルト・シューズ  
ウォーキングシューズ 歩く時の機能性を重視した靴。
ウレタンソール ポリウレタン製でソールが軽く、ゴムの合成靴に比べて約10倍の耐摩擦性がある。耐油性、復元性 も持っている。しかし約10年を経るといきなり割れるという性質も持っている。
エアソール エアクッションソールのこと。中に空気層を内蔵して、足への衝撃をやわらげる底材。 イギリスのドクターマーチン社が開発した。半透明のゴムのような底材と何本かの横線が 刻まれているのが特徴。
エスパドリーユ ジュート底とアッパーに布地を使った「わらじ風」の靴のこと。 南フランスとスペインの海岸地方で履かれていた。夏に人気の出る靴のひとつ。 「エスパ」と略す。
エナメル ぎん面に油脂や合成樹脂を塗って光沢を出した革のこと。「パテントレザー」 ともいう。
エルク  
エンジニアブーツ 足首部分と履き口部分にストラップがついているハードなブーツ。
エンボス・レザー  
エンボス加工  
オイルなめし  
オイルレザー 「オイル調」などの表現でも使われる。正式にはオイルタンド・レザー。油脂加工をした 防水性のあるなめし革のこと。アウトドア靴、登山靴などのアッパー素材に使われる。
オーストリッチ ダチョウの革のこと。軽くて丈夫な革で羽根を抜いたあとが丸く盛り上がって、 独特の模様になっているのが特徴。
オーソぺディック・シューズ  
オーナメント 皮底の飾りのこと
オーバーシューズ  
オーバレイ・プラッグ・シューズ Uチップの総称
オープン・トウ  
おかめ飾り  
オックスフォード 甲をシュー・レース(靴紐)で編み上げるいわゆるひも靴で、くるぶしより下の短靴の総称。
オックスフォードシューズ 靴のスタイルのひとつで、3〜6対のアイレット(*)付きのヒモでしめる短靴の総称。 普通は「オックスフォードタイプ」、「オックスフォード型」のように使われる。
オデコ、オデコ靴 トウ部分が盛り上がっている靴をいう。
オブリックトウ 靴型やトウの型押しのひとつで、足型に外側に斜めにカットされたものをいう。 オブリックとは「斜め」という意味。
オペラパンプス パーティの際、タキシードとあわせて着用するリボン付きの特別なエナメル素材のスリッポン
安全靴 本来は工事作業用の靴。トウ部にスチールキャップを入れて、落下物から足を保護する役目がある。ファッション としても履かれている。
一文字飾り  
一枚甲  
羽根革 紐靴を通す部分の羽根状の革のこと。
英国ではストレート・トゥ・キャップと呼ばれる。  
塩蔵  
穴飾り  
厚パン  
内羽根  
内羽根式  
馬革  
編み上げ  
裏はとめ  
裏革  

>> 戻る

2011年05月10日09:33

用語集(か〜こ)

>> 戻る

ワード 説明文
ガース  
カーフ 正式にはカーフスキン。生後6ヶ月以内の仔牛の革。薄手でキメ細かく、革質は牛革の中では最高級のものである。
カーフスキン  
カウ 生後2年位のメス牛の革。ぎん面はキップより粗く、ステアより細かい。
カウハイド 一般的にカウという。生後2年以上のメスの成牛の革。ぎん面のキメはカーフやキップに劣るが、ステアより細かく薄手。
カウンター 「月型」ともいう。靴のかかと部の型くずれを防ぎ、形を美しく保つために用いられるもので、表革と裏革の間に挿入する半円形の芯のこと。
カクテル・シューズ  
カジュアル なにげない、普段の、略式の、という意味。靴では普段履きのことを指す。エレガンスと対語。
カジュアルシューズ  
カック  
カッター カッターシューズのこと。ヒールの低い、またはフラットヒール(*)のパンプスのこと。よく使われる 同類語として「ペッタンコ」「ベタ」、古くは「コッペ」などがある。
カッター・シューズ  
カミック  
ガムシューズ(ブーツ) ゴム長靴のこと。ラバーブーツともいう。LLビーンのメインハンティングシューズ(*)もガムブーツ と呼ばれている。ゴム長の履物には広い意味で使えるようである。
ガラス張り  
カリフォルニア式製法 製靴法のひとつで日本では通称「プラット式」(*)と呼ばれている。クッション材となるプラットフォームを 底に入れて、外周をプラットフォーム巻革で巻き込むという製法。履き心地も非常に軽くソフト。コバ(*)の 部分が巻革になっているので、スポーティなイメージを受ける。
キッド 仔やぎの革をなめしたもの。軽くてきめが細かくて柔らかい。また丈夫でもある。高級婦人靴によく用いられる。
キップ 仔牛と成牛の中間的な大きさで、生後6ヶ月〜2年くらいの牛の革。カーフより厚手であるが、きめが細かい。
キャラバン・シューズ  
キャンバス 太い綿糸、亜麻糸、ビニロンなどで密に平織りした生地。厚地で強く丈夫。帆布、テント、油絵用布、芯地、学生カバン等に使われる。
キャンプモカシン キャンプモックともいう。3アイレットでオイルレザーを使い、ラグソールを用いたモカシンシューズのこと。アウトドアシューズの定番。ティンバーランドの3アイレットモカシンがその代表。
キューバン・ヒール  
ギリー 本来はタン(ベロともいう)がなく、レディスのスポーティな編み上げのローカット靴とされている。最近ではベロが ある細身の編み上げブーツも「ギリータイプ」などといわれ、解釈が広がっている。
キルトタッセル キルトとタッセルのついた靴のこと。トラッドシューズのひとつ。キルトは本来キルティ・タンのことでゴルフシューズによく 見られるギザギザの切り込みがあるエプロン・タンのこと。タッセルは房で普通2つ付いている。
ぎん面 皮の表皮のすぐ下の部分。通常は表革の表面をさしている場合が多い。
クォーター  
グッドイヤー 通常グッドイヤーといわれる。製靴法のひとつでもっとも古く伝統がある。本格的なトラッドシューズ にはこの方法が用いられる。リーガルの定番モデルはこれ。修理が効いて、底の張り替えができる。
グットイヤー・ウェルト製法 19世紀にC.グットイヤーJr らが開発した製法。アッパーはウェルトを介してアウトソールに縫い付けられている物。ノルベケーゼ製法の発展型で、アッパーよりコバが張り出している。マッケイ製法より耐水性にとみ長時間履いても疲れにくいが、若干重い。
クライミングシューズ 登山靴のこと。ソールが厚く、返り(歩くとき靴が曲がって戻ること)がないのが特徴で、登山の際、 疲れにくい機能をもっている。
クラコー  
グランパ・ブーツ  
グレイン・レザー  
グレージング  
クレープ・ソール  
グローブ・レザー  
クロコ 東南アジア産のワニの一種で、革製品としてよく使われる。
クロッグ(=サボ) 一般には「木底のつっかけ式のはきもの」のこと。「サボ」参照。
クロムなめし 植物なめし(タンニンなめしに対し、鉱物なめしのことをクロムなめしという。「皮」を「革」に 変えるためにクロム塩を用いる方法。
ケプラ− 防弾チョッキや宇宙服に使われる強固な素材。バラ系アラミド繊維。ワーク系やアウトドア系の商品で一部使われる。
ケミカル 紋織り(模様の出る織り方)が出来るジャガード機で織ったもの。
ケミカルシューズ アッパー素材が科学製品を使った靴。レディスで一般的に1980〜5900円はケミカルシューズ である。「合皮(合成皮革)」も同じ意味でよく使われる。
ゴア 本来は3角形の布の意味だが、最近ではゴムを織り込んだ伸縮性のある生地を指している場合が多い。 靴に使った場合、着脱しやすく、それでいて履くとフィットするという特徴を持っている。「サイドゴア」 (参照)。
コイン・シューズ  
コインローファー ペニーローファーとも呼ばれ、アメリカの1セント(ペニー)硬貨を甲の横革に飾れるように穴があいているローファー 。いわゆる一般的な学生靴がそれ。
ゴート やぎの革。羊革より硬くて丈夫。仔やぎはキッド(*)といい、ともに甲部分の材料として使われる。
コート・タイ  
コードバン 馬の尻の部分の革のこと。濃褐色の見事な光沢を持った革で、繊維組織が緻密で長持ちするという点が特徴。 主に高級紳士靴に用いられ、非常に高価。
コトルノス  
コバ 靴底の縁のこと。製法によってはこの部分でアッパーとソールを縫いあわせている。
こば ソール部分の外側に出っ張った部分をいう。エッジともいう。
ゴブラン 毛、絹、綿などで織られたつづれ織り(タピストリー)で、壁飾りなどに使われる。又はそれを模した刺繍、ステッチのこと。
コンタード・インソール 足の裏の凹凸に合わせて作られたイン・ソール。
コンバットブーツ 戦闘用のブーツのことで、編み上げタイプが主流。キャンバス地やナイロンなどを使った動きやすいものが多い。 ハイテックのマグナム、パラディウムのパンパハイ、アルタマなどが戦闘用として採用されている。街のカジュアル 履きとしてもヒットした。
コンフォートシューズ コンフォート=「快適な」という意味。履き心地よく、歩きやすいように開発された靴。きつい靴や合わない 靴で外反母趾など足に障害を持つ人が増えてきたため、足に負担をかけない靴が次々登場している。スニーカータイプから パンプスタイプまで様々。コンフォートシューズではドイツのブランド(ガンター、ビルケンシュトック) が有名。
化学繊維  
化粧革  
外羽根  
外反母趾(がいはんぼし) 靴が合わないために起こる足の障害の代表格。足の親指が外側、つまり小指の方向に曲がってしまうもの。 きつめのハイヒールを履き続けるとなりやすいため、女性に多い病気である。小柳ルミ子が手術したことで 有名になった。
陥入爪(かんにゅうし) 合わない靴によって起こる足の障害のひとつ。靴によるしめつけが原因で、前に伸びるはずの爪が変形して 指の肉に食い込んでいってしまうもの。ひどくなると炎症や化膿を起こし、激しい痛みを生じる。親指と 小指に起こりやすい。
起毛 革の表面をケバ立たせること。「バフ」ともいう。ヌバック(*)、スエード(*)、ベロア(*)などケバ立った 素材を総称して「起毛素材」という。
矯正靴  
靴型  
靴紐  
型押し 革の表面をプレス加工し、模様をつけた革の総称。ワニやトカゲの型押しが代表的。本物の爬虫類素材 を使うと高価だが、型押しでその雰囲気を出すことができる。
甲革  
甲深(タイプ) 靴のデザインのひとつのくくりをいう。レディスシューズで甲まで覆っているもので、ブーツほど長く ないものを総称していう。ヒールのついたエレガンスタイプを指していう場合が多い。
高寸  
合成底 数種類の合成ゴムと配合剤の組み合わせで作られる本底。通気性がない点が革底に劣るが、耐久性、耐水性に優れている。 コストも安い。
漉き  
腰裏  
混合なめし  
皮、革 皮は動物からとったなめす前の状態をいう。革はなめされた後のもの。革はスキン、革はレザー。
木型 ラスト(*)、靴型ともいう。木、合成樹脂、金属を足の形に作ったもので、靴を作る原形として使われる。靴 作りの土台で木型はもっとも重要である。
ギャザー ギャザーとは、布の一端のみを縫い縮めてひだを作ること。またはそのひだ自体をいう。婦人服や子ども服によく使われている。
クラシックグレコ ギルド・オリジナルブランド『クラシックグレコ』。『ちょっと素敵な“普段”』 というブランドコンセプトを元にギルド大人気商品をご提供!!
神戸 海と山の迫る東西に細長い市街地を持ち、十分な水深の有る扇状の入り江部に発展した理想的な港湾・神戸港を有する日本を代表する港町である。
健康靴  
原皮  
鎖縫い  
飾り革  

>> 戻る

2011年05月09日11:32

用語集(さ〜そ)

>> 戻る 

ワード 説明文
サイド・シーム  
サイド・レザー  
サイドゴア 靴の両サイドにゴア素材を使った靴。主にブーツに使い、サイドゴアブーツと呼ばれている。
サドルシューズ コンビ靴の一種。甲にサドル(馬の鞍)をつけたように、色または材質の異なる革をまたがらせた靴をいう。 トラッドシューズのひとつ。
サボ 木靴の一種。木をくりぬいて作った靴。日本語の「サボる」のサボタージュ(怠る)の源はこのサボから。 サボの製造労働者が機械をサボで壊してストライキを起こしたことからきている。
シープスキン 羊の革。薄く柔らかでブーツや裏革に使われることが多い。「ムートンブーツ」(シープスキンブーツともいう) は毛を刈っていない革が使われている。
しぼ なめした後で革を揉んで、ぎん面にブツブツと出来る模様のこと。
ジャガード 紋織り(模様の出る織り方)が出来るジャガード機で織ったもの。
シャネルパンプ、シャネル風 フランスの有名ブランド、シャネルが出したデザイン。つま先を一直線に切り替え、色を変えたパンプスをいう。 本来のシャネルパンプはつま先部分が黒。
シャンク 土踏まず部分のこと。靴が体重で歪まないように中底に挿入されるスチールのことを指すこともある。このスチールは歩行時の足の返しをよくする役目も果たす。
シュー・キーパー 靴の形や外観を保持するために用いられる。木、金属、プラスチックなどで靴型に似せた形に作られている。
シュー・ツリー プラスチック製と木製のものがある。靴の湿気を取り、型崩れを防ぐ事が目的なので木製のものがおすすめ。使用している木の種類によって防虫・防菌効果があるものもある。
シュー・ホーン いわゆる靴べらのこと。
シュー・レース 靴紐のことで、シュー・ストリングとも言う。
ジュート(巻き) 麻ノ一種の黄麻ノこと。エスパドリーユ(*)などのようにソール素材に使うとジュート巻きといわれる。
シューフィッター 足と靴に詳しく、健康第一で、足に最適な靴を薦める人。日本靴総合研究会が1985年に、靴小売商連盟が 1987年に制度をスタートした。
シューホーン  
シュリンク 薬品でぎん面を収縮させ、そのシボを特徴にした革。
シュリンク・レザー  
ジョドパー 乗馬用のブーツで、くるぶし丈〜ひざ丈と範囲は広い。一般的にはくるぶしあたりにベルトのついたものを指す 場合が多い。
シルキー 「絹のような」手触りから、ヌバック(*)などのキメの細かい起毛素材のことをいう場合が多い。俗語で 正確な意味はない。
スエード クロムなめしによるぎん付き革の裏面を、サンドペーパーで細かく起毛しケバ立たせたもの。
スクウェアトゥ つま先が角形になっているもの。
スタックドヒール 通常はスタックヒールといっている。本来は何枚も積み上げたヒールのこと。最近ではプラスチックのものに積み上げた 模様をつけたものが多くなっている。
ステア 生後3ヶ月〜6ヶ月の間に去勢した満2歳以上のオスの牛の皮。
ステッチ 縫い目のこと。縫い目をつける以外にデザイン的に使われる場合も多い。
ステッチダウン式製法 アッパーのつりしろ部分を外側に向かってつり込み、これと本底とを直接縫い付けるもの。
ストーム ソールとアッパーの間に10〜20ミリくらいの厚みをいれる処理のこと。ヒールものからカジュアルものまで幅広く応用される。
ストーム・ウェルト L字に折り曲げられて付けられるウェルト。
ストラップ 靴の外側の側面部分のこと。
ストレート・チップ 1920年代に広まったバルモラルの一文字飾りの靴で、 メダリオンが無く黒色のものが最もフォーマルとされる。最近では、ブルーチャーのものも多く、よりカジュアルに履くこともできる。
ストレート・トゥ・キャップ ストレート・チップの英国での呼び方。
ストレートチップ オックスフォード型のヒモ靴のつま先に横一文字の切り替えが入っているタイプ。英国的でクラシック な雰囲気を持っている。
ストレッチブーツ 伸縮性のある合成皮革やゴム素材を使ったブーツ。レースやジッパーがいらずに足にぴったりと履くことができる。
スネーク・スキン トゥデザインの一つで、縦に二本の切り替えが入る。流れモカとも言う。
スパッツ  
スペリーソール デッキシューズのソールによく用いられる。ヨットの甲板で滑らないように、ゴムのソールに細かい 波形の切れ目が入っている。ブランドのスペリートップサイダーで有名。
スムース 表革の総称。起毛(*)に対応する表現。最も一般的でややツヤ感がある革のことをいう。ただし表革でも 型押し(*)加工など、表面に模様加工されたものはスムースとは言わない。
スリッポン 紐や金属止めのない、足を滑らせて着脱するタイプの靴。正式には「Slip-On」。ローファーなどがこれにあたる。
スリングバッグ 後部で吊るという意味で、かかと部がベルトになった婦人靴。バックバンド、バックベルトと同意。
スワールモカ  
セーム革  
セットバックヒール 重心位置が、やや後方にずれているような形状をしたヒール。
セパレーツ アッパーの中央部分が切りかかれ、前部と後部に分かれたデザインのパンプ。
セミパンプ つま先が開いたオープントウや後ろの開いたオープンバックのパンプスのこと。両方開いたらサンダルになる。
セミブロークス ウィングチップではないが、ブローギングが施されているタイプの靴。
セメンテッド 糸で縫わず、接着剤で底付けをする製法。簡単でコストも安く、靴の9割以上がこの製法。単にセメントとも言う。
セメンテッド式製法 靴の底付け法のひとつ。アッパーと底材を縫い付けるのではなく、接着剤で付ける方法。簡単でコスト も安く量産向きで、現在の靴の9割以上がこの製法である。
センターシーム つま先から甲中央に縦の縫い割りをしたその縫い目、又はその靴。クラークスのデザートトレックが代表的。
ソール 靴底部分全体(イン・ソール、アウト・ソール、ミッド・ソール)の総称。多くは靴底(アウト・ソール)のことを指す。
捨て寸 靴の中で足が前方に動いても、つま先が当たらないように付け加えた余裕部分をいう。「遊び」「逃げ寸」ともいう。
渋なめし  
植物なめし  
製甲  
舌革  
先芯  
足囲(そくい) 足の親指と小指の付け根部分を取り巻く長さ。靴合わせは甲の高さも考慮に入れるので、足幅(*)だけでなく、 この足囲の長さも重要である。
足長(そくちょう) かかとから最も長い足指の先端までの長さ。親指が長い人や人差し指が長い人など人によって測るところが違う。

>> 戻る

2011年05月08日11:33

用語集(た〜と)

>> 戻る 

ワード 説明文
ダーティバックス  
ダービー ブルーチャーの英名。
タウンシューズ 街着にコーディネートする靴の総称。カジュアルシューズとほぼ同じ意味であるが、人によって解釈が違う場合も あり、タウンビジネスやタウンパンプスといった表現もある。タウンビジネスやタウンパンプスはブランド品以外の 価格の手頃なもの、低寸のパンプスなどを指す。
タッセル バンプ部分についた飾りのこと。
ダブル・ソール ソールの底材を2枚使用した厚みのあるソール。
タン 舌革のこと。ヒモ靴で甲の下にある革(スニーカーの場合は革ではない場合もある)を指す。トップライン(*)から 出ている部分は通称「ベロ」と呼んでいる。
タンクソール ソールの模様が戦車(タンク)のキャタピラーをイメージさせるため、こう言われている。ゴツい ソールの総称としても使われる。「ラグソール」、「ビブラムソール」参照。
タンニンなめし 植物なめしのこと。木などの「渋」でなめす方法。革の靴底など硬い革に仕上げる場合のやり方。
チェーンステッチ  
チェーントレッドソール 鎖模様のゴム底のこと。LLビーンのメーンハンティングシューズ(*)の靴底がこれ。
チェスナット  
チェルシー・ブーツ  
チップ トウ・キャップともいう。つま先に付けられる飾り片。ここにメダリオン(*)などの飾りをしたりする。 ウイングチップ(*)、ストレートチップ(*)のこと。
チャッカーブーツ 2〜3のハトメのついたブラッチャー(*)型のアンクルブーツ。主にスムース(*)の場合を チャッカーブーツ、起毛の場合をデザートブーツ(*)と呼び分けているのが現状である。
チャンネル  
チュールメッシュ ナイロンやポリエステルで網目状に作られた素材で、通気性がよい。靴では夏のアッパー(*) 素材としてよく使われる。
チロリアンシューズ チロル地方の伝統的な登山靴。ワラビー(*)に似たデザインでモカシン(*)縫い を施している。アッパーの素材がスムース(*)でラグソール(*)というのがワラビー との相違点。
つり込み  
ティー・ストラップ  
ディーコン  
デザート・ブーツ チャッカーブーツ(*)と同じデザインだが、主に素材は起毛素材で底がクレープソール(*)のものを指す。 もともと砂漠の(デザート)で履くために作られたもので、靴の中に砂が入らないように工夫されている。 クラークスのデザートブーツがその代表格。
デシ  
デッキシューズ ヨットなどの濡れたデッキ(甲板)で滑らないように考えられた靴。デッキシューズには大きく 分けて2パターンあり、キャンバス素材のものと水をはじくオイルレザーを使ったモカシンシューズ がある。いずれもスペリーソール(*)を使っている。キャンバスデッキのブランドでは スペリー・トップサイダーが有名。
デッキモカシン デッキシューズ(*)のオイルレザーのタイプを指す。あくまでも慣用語なので、最近では キャンプモカシン(ラグソール参照)のことをデッキモカシンと言っている人もいる。
デッドストック 死に筋、動かない在庫。廃版になり売れ残った商品(ジーンズやスニーカーなど)も デッドストックといい、今は一部の少年たちに希少価値からもてはやされている。本来なら あまり良い意味ではない。
デミブーツ 短靴よりもトップライン(*)が少し高い、くるぶし位置のブーツ。主にヒモを使っていない タイプをいう。
トゥ 靴のつま先部分のこと。形状によりラウンド・トゥ、チゼル・トゥ、スクゥエア・トゥ、足の形に沿って斜めにカットされたオブリック(Oblique)・トゥなどがある。
トウスプリング 靴、又は靴型のつま先が地面から上がった状態。これが無いと歩きづらい。
トップ・パッド  
トップライン 靴の履き口のこと。
トップリフト 靴の踵の地面に接する底面のことで、全てが皮でできたフルレザー・トップ、切れ込みが入ったキイドヒール、全体ラバーのフルトップ・ラバーなどがある。
ドレスブーツ スーツやワンピースに合わせられるドレッシーなシューズ、又はブーツ。本来は正装用。
トレッキング 軽登山のこと。アウトドアで歩くために必要な機能を重視したブーツ。大きく分けて オイルレザー(*)を使ったハードなタイプと、通気性を重視してナイロンやゴアテックス などの生地を使ったソフトなタイプに分けられる。
月型  
積上げヒール  
短靴  
爪先革  
爪先上がり  
定番品 常に販売されているベーシックな商品。流行に左右されず、決まった売れかたをする。 靴でいえば、ハルタのローファー(*)や黒いパンプスなど。

>> 戻る

2011年05月07日11:39

用語集(な〜の)

>> 戻る   

ワード 説明文
なめす(鞣す) 生皮に薬品を用いて、「皮」から「革」へ化学的変化を起こさせること。靴も含めて 革製品はこのなめす段階を経て加工される。
ヌバック 牛革の表面をサンドペーパーで軽く起毛させ、ベルベット状に仕上げた革。ヌバック→ スエード(*)→ベロア(*)の順に毛足は長く目も粗くなるが、表面を起毛させる のはヌバックだけで、他は裏面を使っている。
ヌメ革 「ヌメ」と略される場合も多い。植物タンニンなどでなめした革で染色や塗装仕上げを しないもの。薄茶色で厚みがあり、紳士靴や細革、夏向きのサンダルなどに使われる。
ノーウィージャン  
ノーウィージャン・オックスフォード Uチップの総称
ノーウィージャン・フィッシャーマンズ・シューズ ローファーの別称。
ノルウィージャン製法 雪道歩行目的で生まれた製法で 防寒用の厚いアウトソールを縫い付けるため太い糸が使用される。無骨な外観となるが耐水性に富む。手間のかかる製法。
ノルベゲーゼ  
ノルベジェーゼ製法 ノーウィージャン製法のブーツを見たステファノ・ブランキーニがこれをドレスシューズに応用し開発された製法
長田 長田区(ながたく)は、神戸市を構成する9区のうちのひとつで、同市の中南部に位置する。神戸三大神社の一つ長田神社がある。正月の三ヶ日だけではなく追儺神事・夏越祭など年中賑わいがある。
乗せ甲 靴型(ラスト)に張る1mmの皮。ピンポイントでサイズ合わせができる。
中ヒール、中寸  
中底 構造上では、靴のアッパーとソールをつなぐ本体。「インソール」とも呼ばれ、足を 直接支える。
中敷き 靴の内部で、中底(*)の上に張り付けるシート。ここにブランド名などをつける。

>> 戻る

2011年05月06日11:40

用語集(は〜ほ)

>> 戻る   

ワード 説明文
バーガンディ 靴によく使われるブドウ色のことで、メーカによって赤茶やこげ茶のような色のものもある。
ハートサイズ  
ハーフブーツ トップラインがふくらはぎのあたりにあるブーツをいう。ウエスタンブーツ(*) などがこれに属する。
ハイ・ブーツ  
ハイカット トップラインがくるぶしよりも高いところにある靴。一時期レザースニーカー のバスケットタイプでハイカットのものが人気となった。ハイカットバスケと呼ば れている。
ハイヒール 婦人靴のパンプスのヒールの高いもの。およそ6〜7センチ以上を指すことが多い。
はき口  
バックシール アッパーの踵部分の縫い目。
バックスキン 本来鹿の革の意味であるが、日本では革の種類に関係なく起毛した革を総称して こう呼ぶ。
バックル 尾錠(びじょう)のこと。金属、プラスチック製のベルトの留め具であるが、飾りと しての役目も多い。
パテントレザー  
ハトメ アイレットのこと。靴ひものひも穴のことと混同されているが、本来はハトメはそのひも穴に 取り付ける金属、プラスチックの環のことを指す。
バフ  
バルカナイズ式製法  
バルモラル 靴紐を通す羽が縫いつけられておりV字に開いているのが特徴の靴で、内羽根式ともいう。英国ビクトリア女王夫君アルバート公が1853年に考案したとされている。
パン 靴底に厚みを持たせるため、中底(*)本底の間にコルクや木、合成物を差し込んだ 部分をいう。厚いパンを入れた靴は「厚パン」と慣用的に言われている。他に「スト ーム」(*)という言い方もある。また、パンの側面を革で巻いた場合は「プラット フォーム」(*)という場合もある。
パンチド・キャップ・トゥ 土踏まず部分のこと。靴が体重で歪まないよう中底があるタイプの靴。
パンチング 靴のアッパーに細かい穴を開ける処理のことをいう。通気性が良くなることと、 デザイン面で効果がある。主に夏物に多い。
バンプ アッパーの前部のことをいう。俗に「バンプが長めの靴」などの表現に使う。飾りのないスリッポンをこう呼ぶこともある。
ハンマートウ 窮屈な靴を履き続けることによって起こる足の病気。指が靴の中で充分伸ばせない ため、凸型に指が曲がってしまい、靴を脱いでも元に戻らない症状。こうなると 指の上部にはタコ、指先には魚の目まで出来てしまい痛い。重傷になると指の脱臼 も引き起こす。ハンマートウには親指、小指以外の指がなりやすい。
ビーチ・サンダル  
ビーフロール ローファーのストラップの端をロール上に盛り上げて取り付けたもの。
ヒール 靴の踵部分のこと。
ヒール・カーブの穴 製靴の課程で木型を仮止めした際できる踵上部に開いている穴のこと。靴の不具合ではない。
ヒール・リフト  
ヒールカーブ 足、靴、又は靴型のカカト部のカーブ。欧米人はカーブがきつく、日本人はカーブがゆるい。
ヒール巻き ヒールのトップリフト(*)以外の本体部分を巻く、革や合成シートのこと。歩いている 時に引っかけて、よく破ってしまう。
ビスポーク いわゆるオーダーメイドのこと。ス・ミズーラともいう。
ピッグスキン 豚革のことで強くて耐久性に富んでいる。表面には3つの毛穴の跡が3角形状に残っている のが特徴。甲革の他、裏革(*)、中底(*)カウンター(*)などに使われる。
ビットローファー、ビットモカシン イタリアのブランド、グッチが最初にデザインしたローファーで、ビット(飾り金具) が甲についたスリッポンのこと。トラッド色の強いローファータイプとベロアを使った モカシンの2タイプある。
ヒドゥン・チャネル 製靴の仕上げ課程で縫い糸が表面に出ないようにする。
ビブラム・ソール  
ピンキング ローファーのベロにあるギザギザの飾り。
ピンヒール ヒールの形状のひとつ。高寸でヒールの先が細くなっているものをいう。
ファー 毛皮のこと。靴では主にアッパー(*)素材や甲飾りとしてフェイクファー(人工毛皮) が用いられる。
フィッティング 靴業界内では靴合わせのこと。足のサイズ、形、機能に正しく合致するように靴を合わせる 技術をいう。アパレルでは服の仮縫い、試着などをいう。
ブーツ トップライン(*)がくるぶしよりも上にくる靴の総称。
ブーツ・キーパー  
ブーツ・ジャック ウエスタン・ブーツ等のロング・ブーツを脱ぐ時に使用する道具。
ブーティ トップライン(*)がくるぶしあたりまでの短いブーツで、サイドゴア(*)のタイプやひも付き のものもある。
フットウエア 履物を総称した言葉。靴以外にも、靴下、古いがレッグウォーマーなどもこれに入る だろう。
フットベッド  
ふまず芯 土踏まずのこと。靴ではシャンク(*)を指す。
ブラッシュド・レザー  
ブラッチャー ひも編み部がつま先部上までかかっているタイプをいう。履いた時に甲のゆとりを たっぷりとることができる。「外羽根式」ともいう。これに対するバルモラル(*内羽根式) はひもによる甲の調節が限られる。
プラットシューズ  
フラットヒール カリフォルニア式製法(*)で作られた靴のこと。
ブラントトウ 角をとった丸みのあるスクエアトウ。
フリンジ 飾りのひとつで房飾りのこと。主にレディスのカジュアルシューズやブーツなどにつけられ、 ロマンチック風やフォークロア調などの匂いを出すときに用いられる。
ブル・ストラップ ロング・ブーツの履き口のサイドもしくは後部についた指を引っかける部分のことで、ブーツの脱着に利用する。プルタブとも呼ばれる。
ブル・ハイド  
フル・ブローグス ウィング・チップの総称。
ブルーチャ/ブラッチャー 靴紐を通す羽根が外側に出ているのが特徴の靴で、外羽根式ともいう。1810年米国ブリュッヘル将軍が羽を広げやすく脱着が簡単なため群靴として考案。英国ではダービーと呼ばれる。
フルグレイン・アッパー・レザー  
フレアヒール ヒールの形状のひとつ。下に向かうにしたがって太くなっているヒールの総称。 ルイヒール(*)もこの中に属するヒールといえる。
プレーントゥ 飾りが一切ないもの。主にメンズのトラッドシューズの短靴(*)で、つま先飾り のないひも靴を指す。
フレンチ・サイズ  
フレンチヒール ヒールの種類の一種で、ルイヒール(*)に似ているが、あまり高くないものをいう。
ブローギング ウィング・チップのウィングにあるギザギザのカットのこと。
ブローグ ウイングチップ(*)の正式名。穴飾り、ギザ飾りなどを施した豪華なオックスフォード (*)シューズを指す。
ペコスブーツ 赤茶、またはサンドベージュが基本のハーフ丈ブーツ。レッドウイング社の商標が 一般名詞化した。ペコスとはアメリカ・テキサス州にある川の名前。その河畔の肥沃な 土地で農民が履いていた作業用の靴にレッドウイング社が目をつけ、商品化したものがはじまり。
ヘップ ヘップサンダル、近所履きのつっかけ。オードリーヘップバーンが映画で履いたことから日本で名づけられたとされる。ミュールと呼ぶことが多い。
ペニーローファー  
ベビー・ドール・シューズ  
ベルクロ 面ファスナーの商品名。日本でマジックテープとして販売され、その方が知られている。
ベロ 踵の甲部、アイレットの下にある舌上の泥よけのこと。舌革、タンともいう。
ベロア 牛革の裏面を起毛させた革で、毛足がスエード(*)より長く、目が粗いもの。
ペンシル・トウ  
ベンチメイド 一人の職人が製靴の最初から最後までの工程を受け持つこと。
ベンハー サンダルの一種で、ベタサンダルに鼻緒がついたものだが、古代ローマ風の雰囲気の あるものをいう。古代ローマ時代を描いて大ヒットしたスペクタクル映画「ベンハー」 からつけられた。
ヘンプ 大麻の繊維。ロープ、帆布、帽子などに使われる。
ポインテッドトウ トウの形のひとつで、先端が細くなっているものをいう。
ボート・シューズ  
ポーリッシュ  
ボール  
ボールジョイント 足の親指と小指の付け根の突き出た部分。足のもっとも幅が広い部分で靴合わせ の時には無視できない個所である。親指の方を「インサイドボール」、小指の方を 「アウトサイドボール」という。
ボックス・カーフ  
ボロネーゼ製法  
ボンディング ウレタンを間に入れて熱で溶かすか接着剤で、表地と裏地を一体化したもの。
半敷
帆布
番手
美錠
表底
複式縫い
本染め革
履き口
扁平足
パンチングベルト
バレーパンプス
ビジュー
フラワーカット
ポインテット
低寸(ひくずん) ローヒールのこと。ヒールの高さが3センチくらいまでのものをいう。
細革  

>> 戻る

2011年05月05日11:41

用語集(ま〜も)

>> 戻る 

ワード 説明文
マッケイ式製法 靴の底付け法のひとつ。上下2本の糸でアッパー(*)、中底、本底を縫い付ける 方法。これはアッパー、底材とも柔らかい素材を使うため、主に高級紳士靴に用いられる。
マッケイ製法 アッパーの端が内側に折り込まれ直接アウトソールに縫い付けられている。グッドイヤー製法よりはコバの部分がスマートでかつ 軽量で反りは良いが、耐水性、耐久性では劣る。イタリアの靴に多く見られる製法。
マット仕上げ 「マット調」ともいう。革のつや消し仕上げのこと。鈍く、くすんだ表面仕上げになる。
マニッシュ 「男のような」という意味。レディスでメンズの雰囲気がある靴をこう呼ぶ。
ミュール レディスのかかと部分のないサンダルのこと。ただしヒールがあるものをいう。もともとは欧米で 女性の室内履きとして履かれていた。
ムートンブーツ シープスキンブーツ(*)ともいう。羊の表革を使った防寒ブーツ。裏地がボアになっていて軽い。
メーンハンティングシューズ アメリカのメーン州にあるLLビーン社製のオリジナル狩猟用靴。ガムシューズとも呼ばれている。 底は防水の特殊ラバーソール(*)で、甲と舌革を縫い合わせた完全防水のヘビーデューティシューズ。
メダリオン 靴の先端や周りにある「打ち抜き飾り」のことでウィング・チップにはかかせない。
メダリオン・トウ  
メッシュ  
モールスキン モグラの毛皮、又はそれに似せた短い起毛の織物。
モールド  
モカシン もともとはインディアンが履いていた靴で足の舌に弾いた革を足を包むように持ち上げ、上側からもう一枚革を当ててはぎ合わせたもの。現在ではU字のはぎ合わせのある靴の総称として使われる。
モンク  
モンクストラップ モンクとは修道僧のこと。15世紀の修道僧が履いていた靴をヒントを得て作った大きな尾錠留めの靴。 特にイギリス人好みの靴。
巻きヒール  
豆寸 子供靴の12〜15センチくらいまでをいう。「相寸(あいすん)」参照。
MODEO 滅菌作用を兼ね備えた、高機能パンプス。こちらもギルド大ヒット商品です。

>> 戻る

2011年05月04日11:42

用語集(や〜よ)

>> 戻る 

ワード 説明文
ユーチップ つま先飾りのひとつ。ウイングチップ(*)のW型に対し、U字型の切り替えをいう。ヨーロッパの靴に よく見られるデザイン。モカシン(*)と混同しやすいが、モカシンは主にスリッポンで、このUチップは ひもの短靴である。
ユニット・ソール  
ヨット・ブーツ  
横じわ 靴を履いて屈曲させた時に、靴のボール部に出来るしわ。靴が合っていないときに、目立った、しかも 履き心地の悪いしわが現れる。

>> 戻る

2011年05月03日11:43

用語集(ら〜ろ)

>> 戻る   

ワード 説明文
ライディング・ブーツ  
ライニング 靴内側の裏張りのこと。内側全体を革で裏張りしたものをフルライイングという。一方、素材感を活かし裏張りをしない一枚革の靴もある。
ラウンドトウ トウの形のひとつで、先端が丸くなっているもの。
ラスト 靴型(木型)のことで、靴全体の形状を指すこともある。
ラバーソール  
ラムスキン  
リザード トカゲの一種。リザード風型押しも多い。
リブ  
リングブーツ アンクル部分にリナグ金具とベルトを付けているハーフ丈ブーツ。ショート丈の場合は 「ショートリング」と呼ぶこともある。
ルイヒール ヒールの種類のひとつ。優雅な曲線を描きながら、トップリフト(*)部分が広がっている ヒールのこと。類語としてフレアヒールがある。
レースステイ オックスフォードなどにある紐通し用の羽根革。
レザー・メッシュ  
ローカット トップライン(*)がくるぶしより低いところにある靴。スニーカーに使われることが多い。 対語はハイカット(*)。「コンバース・オールスター・ロー」と省略する。
ローヒール 低寸と同じ。大体3センチ程度までのヒールものをいう。
ローファー もともとはなまけ者という意味。ひもがなく簡単に脱いだり履いたり出来るから。U字型 のモカシン縫いに、コインストラップと称する飾り革が甲についているのが特徴。20年代にロンドンで 流行、30年代アメリカに入り、日本にはアメリカの典型的カジュアルシューズとして50年代に上陸した。 「コインローファー」参照
ロック・ステッチ  
ラウンドパンプス
レースアップ レースアップとは「締め紐で編み上げた」という意味で、さまざまなアイテムのアクセントとして演出されるテクニック。
ローウェッジ  

>> 戻る

2011年05月02日11:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。